よくある質問


PTA とは、どういう団体ですか?

Parent-Teacher Association、つまり「保護者と教職員の会」です。保護者と先生方とで力を合わせ、子どもたちが楽しく有意義な学校生活を送れるように手伝うことが目的の、ボランティア団体です。真間小の保護者はみな PTA の会員になれます。保護者だけではなく、先生方も PTA の会員です。

真間小 PTA では、どんな活動をしているのですか?

会員の皆さまには「会費」と「人の力」の2つの協力をお願いしています。

会費
毎月各家庭 400 円 (集金日に給食費・教材費などと併せてお支払い頂きます) 教室カーテン、消毒液やハンドソープ、体温計、和室の畳替え、真間小まつりの全費用、図書室の本、芸術鑑賞教室の補助など、様々なところで使われ、子どもたちの学校生活を潤しています。真間小PTAでは児童単位ではなく、家庭単位でご加入頂いております。2名以上、真間小に児童が在籍していても、会費は1名分です。
人の力
朝の交通安全指導、夕方のパトロール 毎年、お子さん一人当たり合計3回程度当番をお願いしています。 【委員会活動】 総務、学習環境、児童安全、広報、会計、真間小まつり、家庭教育学級、Web 環境整備の8委員会。1 年任期で委員を選びます。 【お手伝い活動】 運動会、真間小まつり、ぴかぴか大作戦(清掃活動)などの行事ごとに募集しています。詳しくは各ページをご覧ください。

これらの活動は、委員を含め、強制ではありません。目安として、児童在学中の低学年期間に1~2回、高学年期間に1~2回、委員を務めて頂けるようにお願いしておりますが、「出来る人が、出来ることを、出来る範囲で」を合言葉に、会員同士で助け合って、楽しく活動できるPTAを目指しています。また家庭単位での会員ですので、各ご家庭の状況に合わせて、男女区別なくご参加ください。

PTA には必ず入らないといけないのですか?

いいえ、強制ではありません。ただ、ほとんどの方が加入してくださっていることで、今の真間小 PTA が保たれ、全ての児童にとって、安全で快適な学校生活を支援出来ています。

PTA に入らなかったらどうなるのですか?

そのご家庭のお子さんが特別な不利益を被ることはありません。PTA 活動は真間小すべての子どもたちを対象に行われているからです。

ただ、そのご家庭の負担は少し増えます。毎月の納入は,各ご家庭で給食費・教材費・学級費・積立金などの用途別に小分けにして,クラスの会計委員ではなく,先生に直接お渡し下さい。また,PTA 会費でまとめて購入した児童用の物品の費用につきましても,その都度先生に直接お渡し下さい。

会費で購入した児童用の物品で一人分の値段が分かるもの(防災備蓄食料・水、卒業式のコサージュ・紅白饅頭、芸術鑑賞教室など)は、その都度学校経由でPTA へ代金をお支払いください。

PTA 活動は助け合い!

一人のお手伝いは小さなものでも、多くの保護者の方々の力を集めたら、とてつもなく大きな力となります。入学式や卒業式を含めたすべての登校日の交通安全指導が行われていること、毎月の集金を先生方の手を煩わせず保護者の手で処理していること、運動会や真間小まつりの日にみなさんが使ったトイレが毎回綺麗に清掃されていること、これらはすべて「当たり前」ではありません。それぞれが少しずつ担うことで、一人ではできない仕組みが機能しているのです。それぞれのできる範囲で構いません。どうぞ、皆さまのお力を少しお貸し下さい。